創価学会とは何だ


平和・反核・人権などとは真逆の実態

 創価学会は、昭和3年に日蓮正宗に入信した牧口常三郎、戸田城聖により昭和5年に創立した信徒団体。
学会では三代会長(牧口、戸田、池田)を「永遠の指導者」として絶対視している。

 この三代会長の内、日蓮正宗信徒としての信仰心が篤かったのは、二代会長・戸田城聖のみで、他の会長は、度々、宗門に反目し結局のところ、自身の思想や野望実現に宗門を利用したに過ぎない。


カメラマンに暴行を加える学会関係者
◎後の公明党書記長市川雄一氏が中心になって、練馬の投票所の職員に暴行を加えた事件。
◎栄光祭(創価学園の学園祭)に出席の池田大作を取材に来たカメラマンが、学会職員に暴行を受けたフライデー事件も広く報じられた。

宗門を利用した牧口の信仰

信仰の師
昭和12年ごろまで堀米御尊師を師と仰ぎ信仰。

 

法華講幹部だった牧口常三郎 

「創価教育学会」は牧口の学説を弘めるために立ち上げたが、同時期に日蓮正宗に入信し、その力と正しさを知った牧口は、宗教と学説を交差させ弘めるように移行した。
 また、「創価教育学会」の名称が示す通り、宗門が信徒組織と正式に認めるわけがなく、
創価教育学会はあくまで牧口思想に過ぎないので、宗教団体としての創価学会は戦後の再建からとなる。

 牧口らは入信より、昭和12年ごろまで、僧侶の御指南のもと法華講員として信仰活動を行っていたことで、幹事に任命されている。(資料【宗報 昭和7年7月号】↓) 




牧口は推尊入卑 ( さいそんにゅうひ )の 邪義を信仰

ダミー画像

牧口 「創価教育学会其ものは、前に申上げた通り日蓮正宗の信仰に私の価値創造論を採入れた処の、立派な一個の在家的信仰団体であります」


 牧口初代会長は、創価教育学会を数千人の規模にしたが、最後は獄死しており、
 牧口会長の獄死について、のちに第二代会長となる戸田城聖は「僧侶をそしった罪」と後悔している。


 この逮捕により邪教化に近い状態となった「創価教育学会」は事実上消滅した。

本山外護を貫いた二代会長・戸田城聖

信仰の師
堀米御尊師(のちの日淳上人)を師と仰ぎ御教示を頻繁に受ける。

ダミー画像

 終戦の直前、戸田は出獄し学会の再建の第一歩として、出獄より2日目に中野歓喜寮の堀米御尊師を訪ねている。

 現在の学会が言うような、〝神札問題で宗門が邪教となった〟と判断していれば、戸田城聖は宗門へは行かないはずである。


自身の野望実現のため、宗教を利用した三代会長・池田大作

信仰の師
特段に池田から日達上人、日顕上人に信仰の御指南を受ける姿勢はなかった。

ダミー画像

三代会長の池田大作氏は、
「私は、日本の国主であり、大統領であり、精神界の王者であり、思想文化一切の指導者・最高権力者である」
と語っている通り、日蓮正宗の信徒ではあきたらない不信心さが、終始その態度に表れていた。
 しかし、池田には独自の思想はないために、古今東西の著名人、日蓮正宗を利用しなければならなかったわけである。
 正統正義である日蓮正宗の信徒団体として、日本で最大の勢力を築き毎年数千億円を集めるまでになり、信仰心を完全に失い、三宝破壊などの宗門の根幹を完全否定するに至った。

池田大作流「人心掌握術」は〝金〟


ダミー画像

 池田は、戸田会長のもとで大蔵商事(高利貸し)の辣腕営業マンとして力を発揮し、その時代に多額の報酬を得た中で、金による人心操縦術を覚えたであろう。
 その後、会長になった時代においても、時折、金で問題を解決した旨の言葉が残っており、近年では、学会が財務等で集めた金をマスコミに多額CM料を投じ、学会報道に影響を与えている。


在家団体であるのに、億万長者になる大幹部と、無償奉仕する会員にすみ分けされる創価学会





書籍紹介ほか

動画で見るトピックス

◆参院選・東京選挙区に学会員が立候補!!
【YouTubeを見る
◆除名された学会員登場

学会情報を読む

  • 「黒い手帖」裁判全記録

    AAA社画像

  • 司法に断罪された創価学会

    AAA社画像

    学会員には知らされない、司法で断罪された事例の数々。

  • 創価学会秘史

    AAA社画像

    創価学会が封印した真実の歴史。

  • パナマ文書に
    SOKA GAKKAI, INC.

    宗教法人が租税回避地に謎の法人設立!?

このページの先頭へ