創価学会のニセ本尊を検証

 

 創価学会は平成5年9月20日、学会製本尊を発表し、10月に各地で販売された。
 それまでの宗門から下付された御本尊を回収し、会員に取り換えを強要。この販売によって学会本部は数千億円を売り上げた。



 学会が回収した御本尊は、ある会館では「丁寧に紙に包み段ボールで保管している」また、ある会館では「本部へ送っているのでここにはない」と言い本当のところ2、3百万体に及ぶ御本尊はどこで保管されているのだろうか。未だ、大量の御本尊の保管は証明されていない!!
 また、元会員が学会本部へ返還を要求したところ、「返す必要がない」の一点張りであったという。
 日蓮大聖人以来、信徒が御本尊を発行することは許されていないことから、学会はそれを守ってきたが、会員拡大と反宗門の意識から禁じ手を行うこととなった。この無許可の偽造本尊を「ニセ本尊」と呼ぶ。
 この偽造本尊は、ニセ札に例えられるもので、これを拝む学会員に様々な不幸を襲う現証が報告されているので、様々な角度から検証を行うことにする。


本尊の出どころのウソ




学会製ニセ本尊の経緯 【出どころは邪宗の寺】

 創価学会は破門された後の平成5年6月、離脱僧・成田宣道からの申し出によるとして、栃木県・淨圓寺所蔵の総本山第二十六世日寛上人御書写の御本尊を、勝手に複製して販売をはじめました。

 学会は製造・配布の正当性を説明するため、「末寺の申し出を受けて」云々と言っておりますが、成田宣道は平成4年に宗門から離脱しており、淨圓寺はすでに日蓮正宗の末寺でもない邪宗となっていたのです。



人を馬鹿にした安モノ本尊

画像説明文

画像説明文

カレンダーと同様の一枚刷り本尊!
本尊の紙自体は1円程度!!それを3千円で販売。




本尊を改ざん

【本尊改ざん】 文字をトレース➡文字が太い!?
 学会はこの御本尊を複製するに際し、御文字を修正し、さらに授与者の名前を消す改ざんを行ったのです。この学会の本尊は、一見して主題などが太く読み辛い感じがする。
 学会は元の御本尊を画像処理を施す際、トレースした上、若干太く上塗りをした可能性がある。そうであれば、正体不明の者による
日寛上人の御本尊を下書きとした〝贋作本尊〟であり、コピー本尊でもないといった方が正しい。
 
学会製本尊の印刷用データは、元の写真画像ではなく、Adobe イラストレーターによるマンガなどを描くようなペン描画である可能性がある。
 同じように、池田名誉会長の直筆サインを何者かが、文字修正を加えたとしたら池田先生の直筆とは呼ばないであろう。
 このような日寛上人の御意にも背く大謗法の本尊を拝んで、功徳などはありません。 また、総本山を否定し血脈の通わない謗法団体に在籍している以上、本山から下付された御本尊を拝んでも功徳はありません。一刻も早く、連絡され正宗へ帰伏されるよう願います。



戸田会長指導
「ニセモノを拝んだらロクな最期にならん」




学会の信仰は〝大謗法〟

大石寺の大御本尊を拝まないものはすべて謗法。

ダミー画像

富士大石寺の大御本尊を拝まないものはすべて謗法である(中略)大石寺にそむく謗法の輩がもつご真筆の御本尊には、大聖人の御たましいは住まわれるわけがないのである(中略)信仰の対象として一切をささげて南無し奉る御本尊であるから、御山においては御相伝により、代々の御法主上人お一人が、したため遊ばされるものであり、我ら信者が云々すべきも恐れあることである」(『折伏経典』昭和33年6月発行)




勝手な本尊作りには厳罰!

人間革命に厳罰を明記!

ダミー画像

 池田会長(当時)は昭和49年頃より少なくとも、八体の板本尊を作らせました。(現在七体は本山で保管、一体は学会本部に安置)これが、52年頃に発覚した〝本尊模刻〟といわれる事件で、当時、多くの学会員が脱会したのです。  
 これを反省したか分かりませんが、直後に出版された「人間革命第10巻」には、ある学会幹部の父が勝手に本尊を書き、その後、胃穿孔で悶死したと罰の現証として描写しております。 仏法における因果か数年後、池田氏の次男・城久氏は、体調の異変により学会幹部の病院へ偽名で入院。同じ胃穿孔(胃に穴があく病気)で、29才という若さで亡くなりました。



開眼は大聖人からの御相伝

総本山第三十一世『日因上人御消息』
 「木絵の二像は本と草木にて有り、然るを生身の妙覚の仏と開眼したもふ事は大事至極の秘曲なり、日蓮聖人乃至日因に至る迄、三十一代累も乱れず相伝是れ也」  



開眼は正宗のみの深秘の法門。
他宗がマネれば恐ろしい毒薬。

ダミー画像

われわれがいただいている御本尊様も、文底事の一念三千、真の草木成仏の理によって開眼された、これまた生身の御本仏様であります。この御本尊様こそ、真の木絵二像開眼の御姿でなくてなんでありましょうか。これは日蓮正宗以外の邪宗では絶対になしえないところであり、ただ日蓮正宗のみのもつ深秘の法門であります。邪宗がいくら日蓮正宗の御本尊をマネて作ってみたところが、それこそ馬の骨なのであります。否、恐ろしい毒薬の働きをもつのであります 」(『大白蓮華』第62号)



学会発行『仏教哲学大辞典』にも
末法における開眼供養は、ただ三大秘法の大御本尊のみによる以外にないのである
(590頁)





功徳ないニセ本尊!


ダミー画像

こんな現証に、悩まされていませんか?
うつ病 ●引きこもり ● ●経済苦 ●破産・倒産 ●離婚 ●交通事故 ●失踪 ●家庭不和 ●犯罪 ●精神障害 ●突然死 ●ペットの異変 ●顔色が悪い ●やる気がでない ●学会員間の金銭トラブル 




 学会員から「唱題しているが願いが叶わない」 との連絡が相次いでおります。
 幹部へ相談すると、「まだ足りないからだ」「宿業が出た」などと言われるそうですが、こんなことを何十年も繰り返していても何も変わらないだけではなく、その時間もムダ、かえって悪業を積み重ねるだけです。


 また、このような会員が圧倒的に多いにもかかわらず、「願いが叶った」というのは「魔の通力」でしかありません。


【阪神大震災であった現証

書籍紹介ほか

動画で見るトピックス

◆参院選・東京選挙区に学会員が立候補!!
【YouTubeを見る
◆除名された学会員登場

学会情報を読む

  • 『乱脈経理』

    AAA社画像

    創価学会VS.国税庁の暗闘ドキュメント。知られざる学会経理の実態が見えてきた。

  • 創価学会の“変貌”

    AAA社画像

    2014年以来の「創価学会の“変貌”」を、綿密な分析データで読み解いていく。

  • 池田大作と宮本顕治:
    「創共協定」誕生の舞台裏

    AAA社画像

    対立関係にあった両者が手を結んだ。「創共協定」誕生と破綻の舞台裏をさぐる。

  • 創価学会秘史

    AAA社画像

    創価学会が封印した真実の歴史。

  • パナマ文書に
    SOKA GAKKAI, INC.

    宗教法人が租税回避地に謎の法人設立!?

このページの先頭へ