「創価学会会憲」発表





 創価学会は平成29年9月2日付、聖教新聞で創価学会万代に渡る規範である「創価学会会憲」を発表した。
 そもそも、この会憲は平成26年に学会が大御本尊決別を発表する1年前に、執行部が計画。それが、教学部レポートとして半年後にマスコミ関係者へリークされた。その主な項目は以下である。

1.「戒壇の大御本尊」から決別し、総本部に安置される「学会常住御本尊」をもって創価学会の根本の御本尊とする。

2.全世界の創価学会の憲法である「日蓮世界宗創価学会会憲」が制定される。

3.「学会常住御本尊」や「広宣流布大誓堂」を信仰の根本にする。

4.「日本創価学会会長」が「世界創価学会会長」に就任する。



これらが、3~4年を経てほぼ実行され、リークされた文書が真実であることが証明された。

1.2.3.の項目についてはあえて説明することもなく、会員が実感している通りである。また、4.は補足するならば、原田会長がSGI会長(池田大作氏)より権限を持つという師弟逆転の図式に変更されたということになる。
この会憲は、すでに学会公式HPに掲載されている。http://www.sokanet.jp/info/kaiken.html

 では、この度の創価学会会憲の注目すべき点を確認しておきましょう。
 
 


【引用】(赤字は破折)
◆日蓮大聖人の曠大なる慈悲を体し、末法の娑婆世界において大法を弘通しているのは創価学会しかない。ゆえに戸田先生は、未来の経典に「創価学会仏」と記されるであろうと断言されたのである。


➡創価学会は、大聖人の御指南に反逆する謗法団体。戸田会長が指導したという「創価学会仏」の文献をを未だに示せない。


◆牧口先生は、「死身弘法」の精神をご自身の殉教によって後世に遺されたのである。

➡牧口会長が信仰したのは、日蓮正宗であり、今の学会の教義ではない。牧口、戸田の逮捕により戦前で創価教育学会壊滅している。戸田は牧口の教育思想を教義に採り入れるこはしなかったため、牧口と戸田の信仰上の師弟は断絶しているのである。


◆「大法弘通慈折広宣流布大願成就」「創価学会常住」の御本尊を学会本部に御安置され、本格的な広宣流布の戦いを展開された。

➡大誓堂の御本尊は、学会が邪宗と呼ぶ日蓮正宗の日昇上人書写の御本尊である。これほどの支離滅裂な宗教団体は珍しい。


◆牧口先生、戸田先生、池田先生の「三代会長」は、大聖人の御遺命である世界広宣流布を実現する使命を担って出現された広宣流布の永遠の師匠である。「三代会長」に貫かれた「師弟不二」の精神と「死身弘法」の実践こそ「学会精神」であり、創価学会の不変の規範である。

➡三代会長の宗旨観はバラバラである。牧口は法華経に持論である教育学を採り入れ、戸田会長は終始、日蓮正宗に随順、池田は信仰心の無さから大聖人に違背する大謗法を働いた。よって、学会がいうところの師弟不二などは成り立たない。


◆2013年11月5日、池田先生は、「大誓堂」の落慶入仏式を執り行なわれ、「広宣流布の御本尊」を御安置され、末法万年にわたる世界広宣流布の大願をご祈念されて、全世界の池田門下に未来にわたる世界広宣流布の誓願の範を示された。
世界の会員は、国籍や老若男女を問わず、「大誓堂」に集い来り、永遠の師匠である「三代会長」と心を合わせ、民衆の幸福と繁栄、世界平和、自身の人間革命を祈り、ともどもに世界広宣流布を誓願する。


➡大石寺御安置の大御本尊と決別し、大誓堂を信仰の根本と変え本山化。全国各地の会員に人数割り当てで本部詣でを強要している。


◆池田先生は、創価学会の本地と使命を「日蓮世界宗創価学会」と揮毫されて、創価学会が日蓮大聖人の仏法を唯一世界に広宣流布しゆく仏意仏勅の教団であることを明示された。
そして、23世紀までの世界広宣流布を展望されるとともに、信濃町を「世界総本部」とする壮大な構想を示され、その実現を代々の会長を中心とする世界の弟子に託された。


➡学会は一宗一派を築かない精神としてきたが、それを翻した。しかも、実態は釈迦本仏をする教義に変更。大聖人は末法万年の弘通を示されたが、学会23世紀で終了する!?


◆創価学会は、「三代会長」を広宣流布の永遠の師匠と仰ぎ、異体同心の信心をもって、池田先生が示された未来と世界にわたる大構想に基づき、世界広宣流布の大願を成就しゆくものである。

➡池田大作氏の指導に永遠性はなく、自語相違の連続である。



(三代会長)
第3条 初代会長牧口常三郎先生、第二代会長戸田城聖先生、第三代会長池田大作先生の「三代会長」は、広宣流布実現への死身弘法の体現者であり、この会の広宣流布の永遠の師匠である。
2.「三代会長」の敬称は、「先生」とする

➡三代会長を「先生」とすることで、池田氏死後の体制でも名誉会長職が継続される。
【例】原田名誉会長 谷川会長 ということが実現」します。




(広宣流布大誓堂)
第7条 この会は、日蓮大聖人の御遺命である世界広宣流布の大願成就を誓願する信仰の中心道場として「広宣流布大誓堂」を設置する。
2. この会は、「大法弘通慈折広宣流布大願成就」「創価学会常住」の御本尊を広宣流布大誓堂に御安置する。

➡大石寺こそ大聖人御遺命の戒壇建立の場所である。



(会 長)
第9条 この会に、会長を置く。
2. 会長は、「三代会長」を継承し、その指導および精神に基づき、この会を指導し、統理する。
3. 会長は、この会の教義および化儀を裁定する。
4. 会長は、御本尊に関する事項を司る。
5. 会長は、この会の儀式行事を主宰する。
6. 会長の選出、代行および任期は、創価学会会則の定めるところによる。

➡会長の指導規範は「三代会長」としているが、前記のとおり三代会長の指導はそれぞれ違う。一体何を継承するのであろうか?
会長は、教義・化儀を裁定する最高権力者と明記。




(世界広宣流布諮問会議)
第10条 この会に、世界広宣流布諮問会議を置く。
2. 会長は、世界広宣流布に関わる重要な事項、その他必要と認める事項について、世界広宣流布諮問会議に諮問することができる。
3. 世界広宣流布諮問会議員は、会長が任命し、その任期は会長の在任中とする。

➡国内外における会長の絶対的権力を明文化。



(最高法規)
第14条 この会憲は、この会の根本規範であり最高法規であって、他の規定に優先する。

(施行期日)
第1条 この会憲は、2017年11月18日から施行する。



まとめ

●SGIを創価学会会長が支配

●池田氏死後も名誉会長制度継続

 

●根本の御本尊は総本部の御本尊




創価学会の憲法(会憲)が整った。↓

ダミー画像

68万坪に独立国を作ろう。創価王国、創価共和国だな。
(第10回社長会 昭和43年3月22日)

65万坪、文京区位あるんだから独立国を作ろうか。創価王国を作ろうか。帷幕の内に謀りごとをめぐらそう、ゆっくりやろう。
(第51回社長会 昭和46年7月27日)




イケダ先生御遺命の創価王国は実現できるか?



書籍紹介ほか

学会情報を読む

  • 「黒い手帖」裁判全記録

    AAA社画像

  • 司法に断罪された創価学会

    AAA社画像

    学会員には知らされない、司法で断罪された事例の数々。

  • パナマ文書に
    SOKA GAKKAI, INC.

    宗教法人が租税回避地に謎の法人設立?

  • 公明大臣が核兵器利用容認

    安倍内閣は
    「憲法9条は一切の核兵器の保有および使用を禁止しているわけではない」
    と核兵器容認を決定した!

このページの先頭へ