創価学会「教学用語集」に見る珍解釈

 このほど創価学会は、これまでの解釈とは大きく異なる法義を「教学用語集」として発売した。
 以下、主な新解釈の用語を挙げるので、ご覧ください。


「教学用語集」創価学会教学部
2017.9.12発行




珍説 南無妙法蓮華経は釈尊の悟り!?

南無妙法蓮華経 258ページ
【宇宙と生命を貫く根源の法】

南無妙法蓮華経は、宇宙と生命を貫く根源の法である。
 釈尊は人々の苦悩を自身の苦悩とし、その解決法を探究した。その結果、宇宙と生命を貫く永遠にして普遍である根源の法を自身の生命の内に覚知し、仏( 仏陀) と呼ばれた。




宇宙を貫く〝根源の法を覚知した〟釈尊

御本尊 112ページ
【仏種=万人成仏の根源の法】

 釈尊は、宇宙と生命を貫く根源の法を覚知し成道した。そして、あらゆる仏たちもその妙法を覚って成仏することを明かした。
 この成仏の根本原因である妙法を、大聖人が「南無妙法蓮華経」と名づけられ、直ちに説き現された。






なんと!!釈尊が悟った法を、大聖人が説き顕したと!!

同書には、「人法一箇」「戒壇の大御本尊」「二箇相承」「日蓮正宗」「日目上人」「塔婆」も未掲載!!




書籍紹介ほか

学会情報を読む

  • 「黒い手帖」裁判全記録

    AAA社画像

  • 司法に断罪された創価学会

    AAA社画像

    学会員には知らされない、司法で断罪された事例の数々。

  • パナマ文書に
    SOKA GAKKAI, INC.

    宗教法人が租税回避地に謎の法人設立?

  • 公明大臣が核兵器利用容認

    安倍内閣は
    「憲法9条は一切の核兵器の保有および使用を禁止しているわけではない」
    と核兵器容認を決定した!

このページの先頭へ