速報 パナマ文書に創価企業名存在? 2016.5.10



 本日、かねてから世界の注目を浴びてきた、パナマ文書がICIJ(国際調査報道ジャーナリスト連合)の公式サイト上で、企業名、個人名のリストが公開されました。

 タックスヘイブンでのペーパーカンパニー設立は、諸悪の根源、脱税目的以外ないと断言する見方もある中、宗教法人である創価学会が企業として、パナマ文書に名を連ねたことになる。これまで、日本においては、創価の名を冠した外郭企業は無いはずなので、大変興味深いものがあります。  
 もし、学会本部が設立した企業であれば、その利益は、宗教法人たる学会本部には還元されず、特定幹部の闇の収入に充てられる可能性が高いであろう。  
 学会内外の人達が注目するこの企業の実態については、今後の調査が待たれます。

検索の結果、ICIJが公表した創価の名称は、
SOKA GAKKAI,INC.   
2001-06-04登録
SOKA GROUP,INC.   
2008-02-29登録

http://panama-companies.com/en/a-z/so

なお、IWJによるとSOKA GAKKAI,INC. はアメリカ各地に存在していると報じております。 海外で拡大する学会本体の営利事業とはどんなものか。
IWJ  http://iwj.co.jp/wj/open/archives/301064


創価学会の不明朗な金にまつわる事件

1989年
●1億7500万円入りの金庫が横浜で見つかった「竹やぶ金庫事件」 →当時の側近幹部が脱税した金と説明も、現金の帯封と年代が一致しない

1991年
●ルノワール絵画取り引きによる3億円の不明疑惑事件。

●浄財を財テク。国際証券に4億5700万円もの損失補てんを行っていた問題。 →当方は、当時、国際証券でこの案件を扱った学会員と接触、この不信感から、今もこの人物は学会組織から離れている。

●墓苑の墓石販売による課税逃れ。
→時効によって23億円ともいわれる税金を逃れている。


書籍紹介ほか

学会情報を読む

  • 「黒い手帖」裁判全記録

    AAA社画像

  • 司法に断罪された創価学会

    AAA社画像

    学会員には知らされない、司法で断罪された事例の数々。

  • パナマ文書に
    SOKA GAKKAI, INC.

    宗教法人が租税回避地に謎の法人設立?

  • 公明大臣が核兵器利用容認

    安倍内閣は
    「憲法9条は一切の核兵器の保有および使用を禁止しているわけではない」
    と核兵器容認を決定した!

このページの先頭へ